高感度・冷却CCD,CMOSカメラの設計・製造・評価機貸出はビットラン株式会社

ビットラン株式会社CCD事業部

TELEPHONE:048-554-7471

冷却CCD,CMOSカメラ製品情報

マシンビジョン冷却カメラシステム WEBカタログ

量産ラインの品質検査などの場合、ノイズ量が多いと検査で誤認を起こす恐れがあります。
ビットランの冷却CCD,冷却CMOSカメラシステムは温度管理した強力な冷却を行うことでS/N比が高く、通年安定した画像が得られるマシンビジョン用カメラを開発しました。

太陽電池
ソーラーパネルやディスプレイの評価・検査、そしてメンテナンス用の撮影に最適な冷却CCDカメラシステムです。
高解像度カメラによる外観欠陥、不良を検査する装置への組み込み用途としてご活用いただけます。
カメラリンク準拠のほか、MATLAB,LabVIEW,VC++,VC#,VB用開発キット(SDK)により検査装置への組み込みが容易に実現できます。
エレクトロミネッセンス(EL)やフォトルミネッセンス(PL)計測など、近赤外領域対応カメラはこちら

BH-60(画素数重視)

BH-60
  • 高画素を高解像度で高速に撮影するマシンビジョン冷却CCDカメラシステム
  • カメラリンク準拠(現時点では、Matrox社製Matrox Solios/Radientのみ確認済み)
  • 12ビットを高速なクアッドから画質優先のシングル読み出しまで3種対応
  • 長いケーブルでの高速通信時は、Medium Configurationに切り替え可能

BU-60(性能重視)

BU-60
  • 16ビット画質優先時、繊細かつ精密な検査システムが構築可能
  • 12ビット速度優先モードにも切り替えできるので多方面の検査装置組み込みに最適
  • USB3.0標準,PCIe(Matrox Solios/Radient対応)のデュアルインターフェース
  • 画像記録インターフェースを使うと、録画しながら検査も可能

CMOS(価格重視)

CMOS
  • 高冷却でありながら低価格なCMOSカメラ
  • 本格的2段ペルチェ冷却なので、自社製品の装置組み込みに最適
  • USB3.0標準,Matrox Solios/Radient,画像記録用BPU-30にも対応