高感度・冷却CCD,CMOSカメラの設計・製造・評価機貸出はビットラン株式会社

ビットラン株式会社CCD事業部

TELEPHONE:048-554-7471

冷却CCD,CMOSカメラ製品情報

カメラ制御用公開情報

冷却カメラに付属している標準カメラ制御ソフトではなく、自社開発製品や自作分析装置への組み込みなどを実現するカメラ制御のプログラム開発が行えます。
ImageJやExcelから撮影たい場合は、カメラドライバもあります。低価格でカスタマイズ可能ですが、SDKほど柔軟ではありません。

次の種類がありますので、目的や用途に合わせてご利用ください。
  • コマンド公開
    完全自社組み込みに最適。全て公開しているので、Windowsに限らずLinuxなどでも制御が可能。
    現在、BK-50/500シリーズ,BU-50/60シリーズ,BQ-80シリーズに用意があります。
  • 無制限ライセンスSDK
    開発時間が短縮できるライブラリタイプ。同一カメラシリーズの同一インターフェースにおいて台数無制限のライセンスで全てのサンプルが入っています。
  • シングルライセンスSDK
    使用するカメラとサンプル言語を決めることにより、低価格でライブラリを提供します。
  • データ分析機能
    冷却や撮影までプログラムしたくないが、画像データの分析(処理)だけ独自で組みたい場合はカメラ付属ソフトで実現できる可能性あり。
  • カメラリンク風
    CS-50/60シリーズのPCIボードではカメラの電源を入れると自動的に冷却と撮影を始めるフリーランニング機能があり、カメラリンク風に使用できます。
    BH-60/70シリーズはカメラリンク準拠で、カメラ制御用のコマンドはカメラに付属しています。

各機能の特徴

方法の選択 コマンド公開 無制限ライセンスSDK シングルライセンスSDK データ分析機能
組み込んで自社製品化 最適 適当 適当 不向き
研究開発用途で使用 適当 最適 最適 適当
撮影機能の独自性 可能 可能 可能 不可
冷却制御の独自性 可能 可能 可能 不可
データ処理の独自性 可能 可能 可能 可能
複数カメラ同時制御 自作にて可能 オプションにて可能 オプションにて可能 オプションにて可能
自作難易度 サンプルソース参照
によりある程度容易
DLLにて開発容易
サンプルソースあり
DLLにて開発容易
サンプルソースあり
ソフトのヘルプ参照
サンプルソースなし
ビットラン固有の表示
(アイコンやメッセージなど)
なし 変更不可 変更不可 変更不可
日本語以外のWindows 可能 可能※1 可能※1 可能※2
Windows以外のOS 可能(ドライバ無し) 不可 不可 不可
秘密保持契約 必須 必須 不要 カメラ付属ソフト
ライセンス 無制限 無制限 シングル
使用機種範囲 同一シリーズ内 インターフェース別
同一シリーズ内
指定カメラ1台限定
詳細 ⇒コマンド公開 ⇒無制限ライセンスSDK ⇒シングルライセンスSDK ⇒データ分析機能
  • ※1)サンプルソフトは日本語と英語用を含みます。使用するDLLは言語問わず同じものです。
  • ※2)カメラ付属ソフトは日本語ですが、自作するデータ分析機能は英語で作成可能です。
  • ※カメラ付属ソフト以外には電動フィルタ・ホイールの制御は含まれていません。詳しくはお問い合わせください。
  • ※研究開発用の小規模な仕様なら弊社で承ることも可能です。詳しくはこちらよりお気軽にご相談ください。

サンプルの対応状況

サンプルはチュートリアル的なものからそのまま実際に使えるレベルのものまであります。ソースプログラム付きなので、直ちにデバッグ(トレース)することも可能です。 サンプルのソースや仕様書を参照することにより、サンプルには無い言語での開発も可能です。サンプル例
サンプルで使用している言語は予告なく変更する場合がありますが、大抵上位バージョンに変換可能です。
購入する型式や時期により含まれるサンプルが異なりますが、概ね次のようになっています。

CS-60シリーズ ご利用条件

無制限ライセンスSDK シングルライセンスSDK
サンプルソフト※1 使用言語※2 LabVIEW2012/2014/2018
MATLAB2013b/2014b/2015b VC++2010/2012/2019
VC#2010/2012/2019
VB2010/2012/2019
LabVIEW2012/2014/2018
MATLAB2013b/2014b/2015b
VC++2010/2012/2019
VC#2010/2012/2019
VB20108/2012/2019
冷却機能 温度管理指定・温度の読み出し
撮影機能 撮影条件の設定・撮影状況の取得・画像を配列に得る
画像変換 画像表示・自動変換・任意変換
カラー変換 画像表示・配列取得・ファイル出力
MIL制御※3 Matrox Imaging Libraryを使った画像処理
対応Windows ダイレクトUSB Windows10/8.1/8/7 SP1以降 64bit版(x64)
Windows10/8.1/8/7 SP1以降 32bit版(x86)
BPU-30
Matrox PCI
    ※1)開発ツールの上位バージョンにより変換を行うことが可能です。英語表記のサンプルも含まれています。
    ※2)MFCやWPFを使ったリボンスタイルのサンプルもあり、Expressではビルドできないものがあります。
            VC++のCLR対応やLabVIEWの.NET対応サンプルも含まれています。
    ※3)MILによる直接制御や画像処理を行う場合は、Matrox Imaging Library(MILまたはMIL-Lite)が必要です。