お気軽にお問い合わせください

tel. 048-554-7471

撮影用ツール

■カメラ付属ソフトウェア

冷却カメラに付属している標準ソフトウェア(カメラ制御アプリケーション)は冷却と撮影により、
必要な画像データを取得することを目的としています。 目的の画像が撮れたか確認する為の画像処理や、
画像データの数値化、ユーザが定義することによりデータ分析できる機能などもあります。
実際にお使いになるとわかりやすいので、評価用貸出機にてお試しください。

〈概 要〉

カメラの機種やオプション設定、パソコンとのインターフェースにより多少異なる場合があります。

本格冷却

希望温度を設定して開始するだけ。多段ペルチェ素子により強力な冷却を行います。
更なるS/N比向上や熱放出の悪い環境でも冷えるように、標準で水冷機構が付いています。
(水の代わりに冷たい空気の循環も可)ソフトの起動時に自動冷却の開始や、冷却完了後に
自動的に撮影する機能もあるので、自動撮影システムも構築できます。

直観的

MS-Office風なリボンスタイルがより直感的に操作でき、基本撮影では誰でも簡単に撮影ができます。
カーソル位置の画像データを数値化、ドラッグした領域内のデータ表示と共に
最大、最小,平均も表示します。距離を測定したり、目印にするオーバーラップ画像の挿入も可能です。
カメラを複数台接続し、同時に撮影も可能です。

撮影多種

高速に連続記録する連写撮影では画像記録レコーダーを使用すると撮影間隔も指定できます。
記録画像は再生やコマ送りなどプレイヤー機能で操作できます。外部機器と連動して撮影する
外部トリガ機能は勿論、タイムラプス撮影や撮影後に自動的にデータ分析させるなど他のコマンドとの
連動も可能です。
自動連続撮影では、条件を変えながら撮影と保存を繰り返す定義撮影,特定日時に撮影を開始する
スケジューリング撮影など豊富な撮影機能を備えています。
暗電流のキャンセルやCCD、CMOS素子固有のFPN(固定パターンノイズ)補正,PRNU(感度ムラ)
補正に有効なダークフレームやフラットフィード機能も備えています。

■カメラ制御用 開発ツール

冷却カメラの組み込みによる分析装置や自社開発製品をもっと使いやすく。
様々な用途やレベルに合わせたきめ細やかなビットランのカメラ制御開発ツールで
思い通りのカスタマイズを。先進のプログラム開発が実現します。

■カメラドライバImageJ用Excel用

シンプルなオペレーションと、自由なカスタマイズ。
撮影から分析までがワンストップ!データ解析をもっと迅速に、正確に。
ビットラン冷却CCD、CMOSカメラ専用ドライバです。