お気軽にお問い合わせください

tel. 048-554-7471

Linearity / Measure リニアリティ・光量計測

検査や研究、実験などにおいて撮影したデータを数値化して
光量計測が行える冷却カメラです。

通常のイメージセンサーでは、ABG(アンチブルーミングゲート)機能などにより“写真”として綺麗に写すため、
低い光量を多く高い光量を抑えて対数的に光量を蓄積させてしまいます。
光量計測用の冷却カメラは、撮影したデータを画像としてではなく数値として捉えるためリニアリティのある出力をします。
またカラーカメラではRGBそれぞれのカラーバランスの調整が可能です。
より正確に測定するため、冷却により温度を一定に保つことでノイズの上昇を抑え安定したデータ供給を実現します。

■リニアリティ・光量計測
35mmフルサイズ5100万画素

8424×6032の5100万画素CMOSを搭載。グローバルシャッターの35mmフルサイズなので
広視野を実現。
リニアリティを有するので光量による検査にも最適です。

リニアリティ200万画素冷却CMOSカメラ

・光量計測や分光に最適なリニアリティ(直線性)があるCMOSセンサー搭載。
・CCDカメラのアンチブルーミングゲート(ABG)無しの置き換えに使えます。
・冷却による安定性と合わせて、検査・判別・測定に威力を発揮します。

リニアリティ400万画素冷却CMOSカメラ

・入射光に対する出力値にリニアリティ(直線性)があるCMOSセンサー搭載。
・リニアリティのある冷却CCDカメラシステムの代替えに最適です。
・冷却による安定性と合わせて、高精度に計測できます。

紫外対応 裏面受光型400万画素冷却CMOSカメラ

・量子効率90%以上、紫外領域に対応した超高感度CMOSセンサー搭載。
・リニアリティがあるので、光量計測やデータ分析に最適です。
・可視光では検出できない異物の混入や汚れの検査を検知することができます。

紫外領域対応100万画素冷却CCDカメラ

・200~300nmに感度の高く、可視光領域まで撮影可能な冷却CCDカメラシステムです。
・裏面受光型CCDをUVコーディング。量子効率75%以上で16ビット階調が微細な
現象を捉えます。
・紫外光による微細な傷の検出や鉱物の解析、生物学等の研究に最適。

近赤外領域対応100万画素冷却CCDカメラ

・800nm以上でも感度が高く、1100nmまで撮影可能な冷却CCDカメラシステムです。
・裏面受光型CCDの最適化により量子効率90%以上。
・16ビット階調が微弱な濃淡も識別できます。
・微弱な近赤外発光が検出できるので、ルミネセンス(発光)現象や生化学の研究に最適。

軟X線対応100万画素冷却CCDカメラ BK-501X

・100eV~1KeVで使用可能な冷却CCDカメラです。
・裏面受光型CCD素子により可視光領域の量子効率90%以上。
・軟X線吸収分光・光電子分光・軟X線発光分光・軟X線回折等の分光実験設備に最適。

X線領域対応100万画素冷却CCDカメラ BK-502X

・1KeV~10KeVで使用可能な冷却CCDカメラです。
・異物の検査などX線による非破壊検査やBGA/CSPなどのX線透過観察装置向き。
・X線マイクロスコピー・X線スペクトロスコピー・X線リソグラフィ等の研究用途。