お気軽にお問い合わせください

tel. 048-554-7471

Machine Vision マシンビジョン

FA(ファクトリーオートメーション)やLA(ラボラトリーオートメーション)
製造などの検査を行う用途に最適な冷却カメラです。

対応する通信には標準的な通信規格であるカメラリンクに準拠しているので、ソフト開発に必要なSDKも不要です。
既に設備が整った環境であればカメラを置き換えるだけで使用可能です。
近年のCMOSセンサーなどは内部の動作スピードが高速なため、センサーの発熱が多くダークノイズの増加が
懸念されますが、冷却はこれらを抑止します。
さらに冷却カメラの特徴である、冷却温度を一定に管理する機能を有するので、
ノイズを低減させデータのバラつきを抑えた高精度の検査が可能となります。この優位性を生かし、
FPDやソーラーパネルなど光量検査で活用されています。
また、BH-70シリーズではUSBのインターフェースも内蔵しているため、
フレームグラバーボードやカメラリンクケーブルのコストを削減することも可能です。

■マシンビジョン(カメラリンク準拠)
BH-71IGA
可視近赤外対応131万画素冷却SWIRカメラ

・400~1700nmに対応したSWIRセンサーを搭載。
・5µmのピクセルサイズでSXGAの高い解像度により従来のInGaAsセンサーでは
 行えなかった高精細な撮影を可能にしました。
・BITRAN独自の冷却構造による低ノイズで半導体の検査などにも最適です。

BH-72M
高分解能3136万画素 冷却CMOSカメラ

・APS-Cサイズ6464×4860、受光面積22.3×16.7mmのCMOSセンサー搭載。
・センサー内で感度を上げるビニングや縮小撮影,撮影領域の指定(ROI)が可能。
・最速10fpsの撮影速度で、コマンドを標準公開しているのでライン検査にも最適です。

BH-73M
35mmフルサイズ5100万画素冷却CMOSカメラ

・グローバルシャッターで8424×6032の5100万画素CMOSを搭載。
・35mmフルサイズ(受光面積38.75×27.72mm)なので広視野を撮影できます。
・入射光に対する出力値にリニアリティ(直線性)があるので光量検査にも最適です。

■フリーランニングカメラリンク準拠では撮影できないがカメラリンク風に利用できるカメラ

CS-61M/C
受光面積11.25×7.03mm230万画素冷却CMOSカメラ

・グローバルシャッタでありながら非常に低ノイズなSony Pregiusを搭載。
・64fps,16倍ゲインが、高速検査で威力を発揮します。
・小型で安価な冷却CMOSカメラ検査システムが構築できます。

CS-66M
受光面積13.3×13.3mm400万画素冷却CMOSカメラ

・入射光に対する出力値にリニアリティ(直線性)があるCMOSセンサー搭載。
・リニアリティのある冷却CCDカメラシステムの代替えに最適です。
・冷却による安定性と合わせて、高精度に光量計測ができます。

CS-69M/C
受光面積14.4×9.9mm706万画素冷却CMOSカメラ

・ピクセルサイズ4.5µm正方、高精細で高感度なCMOSセンサー搭載。
・ゲインとは別に感度を上げる加算(ビニング)や間引き(縮小)撮影あり。
・多重露光撮影をセンサー内部で蓄積させる機能により高速な軌跡撮影も可能。