Code Debugger DRP-H8プローブ

Code Debugger DRP-H8プローブ

DRP-H8プローブ


 H8に対応したプローブはSHやARMと同じ本体で使用できる製品です。H8用のツールとしては他にない汎用性を実現しています。特にSHやH8SX、H8Sも一緒に開発している方におすすめです。プローブ先端は14ピンと20ピンの両方を付属しています。

概要

対応CPU
 H8
価格
 下記の「構成例と価格」を参照ください
標準納期
 現行品で標準納期3~4営業日で発送
その他
 現行品です。後継機種としてのDWシリーズ、DSシリーズではH8は対応していません

構成例と価格

H8用プローブ 型式:DRP-H8
  標準価格:\70,000(税抜)
  ダイレクト販売価格:\63,000(税抜)

①プローブユニット
②14ピン接続ケーブル
③20ピン接続ケーブル

仕様

対応CPU H8ファミリでオンチップデバッグ機能が搭載されているCPUに対応
外形寸法 約49(W)×68(D)×19(H)mm(突起物含まず)
プローブケーブル長 本体よりプローブ約900mm
プローブ先端ケーブル約180mm
質量 約37g(ケーブル類は含まず)
LED RUN ・・・ ターゲットCPU実行時に点灯
RESET ・・・ ターゲットのRESET信号が入力時に点灯
T-PWR ・・・ 設定によりターゲットの電源がON時に点灯
    (未設定時は点滅)
ICE-PWR ・・・ 本体の電源がON時に点灯
EXT 外部信号によるブレーク機能
ブレーク時のトリガ出力